やさしく解説 株式投資のメリット③ インフレと株価が格差を助長する

申し訳ありませんが、もう少しだけマクロっぽい話をします。

日米の株式市場が急騰しています。

直近2020年6月5日の段階で米NASDAQ指数はとうとう2月19日で付けた高値9838.37ポイントを越えてきました。NYダウはそこまでではないものの、2月12日の高値29568.57ドルから3月23日の安値18213.65ドルまでの下落幅を、27110.98ドルまでと8割方戻しています。

f:id:tmymtsks17:20200607111234p:plain

f:id:tmymtsks17:20200607111309p:plain


日本においては日経平均が全戻しまであと一歩という所まで来ています。

f:id:tmymtsks17:20200607114309p:plain

新興市場ではむしろ、「”コロナショックらしきもの”が過去に起こった」事になってます。

f:id:tmymtsks17:20200607114344p:plain


金融緩和と財政出動は資産価格上昇を起こす

 

この度の財政出動は、今生きている人々が経験したことのない世界的パンデミックとそれに対応するための営業自粛、外出禁止、失業増加といった景気後退への「注射」です。どれくらいの被害になるか想像もつかなかったのですから、注射も考えうる限りでっかいのをとりあえずブッ込んだのです。加減なんか誰もわかるわけないじゃないですか。元々各国中銀の金融緩和は行われていたのですが、それもとりあえず無制限という建て付けに看板を代えました。

これが何を引き起こすかといえば、あり余ったマネーがどこかへ流れ込むわけです。

それはどこか?

まず言えるのは、流動性が高く、減価しない資産へと流れていくはずです。

これだけダバダバに現金が発行されて、しかもいつかは増税で回収されるわけですから現預金や債券はいずれ減価してしまうはずです。なぜならいつか来る増税率より、今の金利は低すぎるためです。

と、すれば、長期的には株式しかない。それも増税率を上回る成長率がある企業の株式です。

 

ところで、トマ・ピケティ先生がおっしゃってました。「21世紀の資本」はベストセラーにしてはやたら分厚い本でしたが、一言でいうと、「お前らがどんだけ汗水たらして働いても、給料は株の値上がりに一生追いつけないから!残念だね~。」てなことを。

わざわざそんな身も蓋もないことを数百年のデータを取って実証して、資本主義の残酷な現実をこれでもかと見せてくれちゃったわけです。いや、薄々気づいてはいたけどね。勝ち組になるには金持ちの配偶者を選ぶのが正しい選択肢、って言うあたり、ぐうの音も出ないです。

そして社会の経済的不平等を解消したのは戦争だったとも。

いま米国で暴動が頻繁に起きているきっかけは黒人男性を白人警官が殺害した事件という事になっていますが、暴れている人はほぼ全員が貧困層じゃないでしょうか?彼らはうまく言葉にできていませんし、もしかしたら認識していないのかも知れません。ただ彼らは、心の奥底で社会の2極化が進み、自分たちが出口のない貧困に追いやられていく現実に抵抗しようとした行動なのではないか、と感じます。コロナ禍で職を失いそうだったらなおのこと先行き不安で暴れたくもなるでしょう。もともと高くない労働報酬すら失うのなら、バカ高い医療費なんか払えるわけも無いのに未知のウイルスに感染したらどうするんです?

そもそも病院に行けなくて毎年インフルエンザで数万人が命を落としてる国ですよ?

その同じ国で、世界人口の1%の人間が世界の約50%の富を独占しているわけです。

以前の記事である

でも書きましたが、世界の富豪の殆どはアメリカ国籍の株式長者です。アメリカは歴史的に見てもわざとゆるやかなインフレ政策を採ってきたので、言い換えれば資本家・株主を保護・優遇する国策を行なっているわけです。そして多くの国民がそのおこぼれに預かっているのも事実です。

おこぼれに預かれていない人には、たしかに暴動を起こす動機はあるでしょう。こうしてアメリカという国はさらに貧富の差が拡大し、社会の分断が進んでいくのです。でもそれはアメリカだけでしょうか?

  

「インフレなんて日本じゃ起こんないでしょ?今まで無理やりインフレにしようとしてたのにならなかったじゃん。」

確かにこの30年、物価はあまり上がらなかったし、給与所得も上がらなかったのは事実です。なんなら平均給与は下がってました。しかしむしろ可処分所得が下がった原因として、税率と社会保障費(主に年金や介護の保険料)が随分と上がっているし、教育費(特に国立大学や私立大学の学費)も相当に上がっているのもご存知ですよね?

つまり我々に選択の余地のあまりない費用は、実はかなり値上がりを起しているのです。インフレとは呼ばないかも知れませんが、収入が増えないのに支出が増えるのって、インフレよりびどくないですか?どうせ一人10万円の大盤振る舞いはいずれ倍返しの増税という、誰でも読めるオチがついてくるはずでしょ?ホントに給与所得だけでいろいろと大丈夫?

 

「だからと言ってさ、もう結構株価上がっちゃったでしょ。こんなのすでにバブルじゃない?」

ちょっと待ちなさい!高値ツラそこそこでバブル呼わばりはないでしょ?バブルは膨らんでから初めてバブルと呼ばれる資格があるのです。戻り高値程度でバブルを囃すような無知蒙昧な人は見ていて恥ずかしいです。正直に「安いところを買えなくて悔しいんです!」と白状しなさい。

 

悪いことは言わないから、株を買っとけ。じゃないと将来悲惨よ?