小僧寿し、逝かず! 結局債務超過は解消されてた

3月31日の15:15に小僧寿しは問題の2019年12月期有価証券報告書を提出完了しました。結論から言うと2期連続の「債務超過」は解消されており、めでたく上場廃止は回避されました。

f:id:tmymtsks17:20200401015652p:plain

https://www.jpx.co.jp/news/1021/20200331-01.html より

 もうダメだろうと正直言って墓石に社名を刻んでいたのですが、結果を見てびっくりです。こんな事もあるのですね。いや、もちろん喜ばしいことではあるんですけど。

だって3月25日開示では株主総会招集通知の事項訂正でこんな事書いてあったんですもの。(色付けした部分)

f:id:tmymtsks17:20200330080231p:plain

f:id:tmymtsks17:20200330082114p:plain

最終的には監査法人アリアから無限定適正意見ももらっています。色々とゲスく勘繰ってしまいましたけど、「 小僧寿し 財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な不備に関するお知らせ (2020年3月31日)にあるように、決算・財務プロセスの複数の誤りがあってアリアに指摘されていた事、それを決算を締めてから指摘されて気付いた事が原因のようです。まあ決算短信の内容に戻ってあれで正しかった、とするわけですね。

 

f:id:tmymtsks17:20200401022303p:plain

 

でも1株当たり純資産額が決算短信と今回の有報では数字が違うようですが?あと純資産額はプラスなのに1株当たり純資産がマイナスってどういうことなのでしょう?私の不勉強のせいでしょうけどちょっとわからないです。詳しい人いたら教えて下さい。

 

f:id:tmymtsks17:20200401023652p:plain

 

え?

細けえことはどーでもいいんだよ!上場廃止をとりあえず回避したことに意味があるんだよ!

そのとおりです。確かに自己資本比率は向こう側が透けて見えるほど薄っぺらいし、よく考えたら増資した分はなんだかんだでほぼ溶かしちゃった事も変わり無いし、業績に関しては「そういえば黒字になったことないな!」と忘れてるくらいですが、当面は下心を持ってJFLAが第三者割当をまだ引き受けてはくれそうですので延命はできるのかもしれません。

ただね、またケチつけるようですがまだ希薄化するんですか?今日ドサクサに紛れて例のA種種類株を株に転換してるので株数が11,240,000 株増えてますよね?これ明日売るんですか?あ、もうPTSで売ってる?まあ上場廃止を回避って好材料ではありますからね。

株数はじゃぶじゃぶ増えるのに利益は反比例してる気がするのは気のせいなのでしょう。

でも前も言いましたよ?

「株価10円基準」って覚えてます?

JASDAQ上場廃止基準「株価」→株価が10円未満となった場合において、3か月以内に10円以上とならないとき

https://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/02.html より

いま16円ですか。 

これ以上株数増やすのってぶっちゃけ売るため以外に目的あります?こういう状態をハコ企業という以外になんて呼ぶのかご教示願います。

 

↓自宅待機でも、リモートワークでも、24時間収入を作ろう